アントシアニンのサプリで目をクリアに|ラクラクゲットする方法

ブルーライトから目を守る

外部の刺激から保護する

服用

ルテインとは、目の網膜や水晶体を構成している成分です。
また、乳房や子宮頸部にも存在しています。
しかし、体内で生成されることはなく、外部から摂取する必要があります。
また、40代を過ぎると、体内のルテインの量も減少していくため、積極的に摂取することが大切となります。
そのため、ルテインを摂取する人も増加しており、人気も高まっています。
ルテインの評判が高い理由は、特に現代人にとって必要な成分であるからでしょう。
なぜなら、ルテインはカロテノイドの一種で黄色の色素を持ち、青色を吸収する働きがあります。
パソコンやスマホ、LEDライトなどから発光されるブルーライトは、目に有害であり、ダメージを与えると言われています。
ルテインは、ブルーライトから目を守ってくれるため、スマホ依存などで慢性的な眼精疲労に悩まされる人の、救世主的存在となっています。
さらに、ルテインは抗酸化作用も強く、目の細胞の酸化を防ぐだけでなく、外部からの刺激からも保護してくれるため、目の健康を保つ働きも期待できるのです。
このような理由から、ルテインサプリを飲む人が増加しており、ブルーライトとは切っても切れない生活をしている現代人の健康を維持する役目を果たしています。
パソコン、スマホ、LEDライトと、どこに行ってもブルーライトが氾濫しているため、自分の目は自分で守るしかありません。
そのため、目の健康を維持するためにも、ルテインサプリを飲む習慣を取り入れるべきです。

毎日の摂取で健康維持

婦人

ルテインはホウレンソウなどの緑黄色野菜に含まれており、カロテノイドという色素の1つです。
ルテインは紫外線などの光から目を守り、白内障の予防にも効果があります。
現代人はスマホやパソコンなどを多用することによってブルーライトを頻繁に浴びる機会が増え、視力が低下しやすくなっていますが、これらの光による有害な眼への影響に効果のある物質がルテインです。
目の網膜などに存在するルテインは、元々人間の体内にありますが加齢とともに失われます。
ルテインを新たに人間の体内で作り出すことはできませんが、食事やサプリメントにより摂取する事が可能です。
1日に必要とされるルテインの摂取量は6mgとされていますが、食事で摂取をする場合は、ホウレンソウでは4束から5束、にんじんでは12本から13本目ほど食べる必要があります。
食事からは摂取しづらいルテインを効率よく摂取する事が出来るのがサプリメントなどの栄養補助食品です。
食事でのルテインの摂取は大量の野菜が必要となりますが、サプリメントでの摂取なら1日に数粒で栄養を補給する事が出来ます。
特に、パソコンなどを日常的に使いブルーライトの光を浴びる機会が多い人には、毎日のルテインの補給が必要になります。
光により傷つきやすい目を守り、老化による眼病の予防やパソコンの使いすぎによるドライアイの予防にも効果的です。
ルテインは摂取すると体に蓄積する事ができるので、継続的にサプリメントで補給していく事で目の健康を維持する事が出来ます。

目を守る栄養素

女の人

PCやスマホの普及で、現代の生活は目を酷使するようになっています。
ブルーライトは、目に負担をかける光とされていますが、主にパソコンのモニターやスマートフォンの画面からたくさん出ています。
このブルーライトは、直接網膜まで到達してしまうため、目が疲れたり、ドライアイになってしまったりします。
そんな酷使されている目のサプリメント・健康補助食品として注目されているのがルテインという成分です。
ルテインは緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドという天然色素の一つで、黄斑部(眼底の網膜の中心部)や水晶体に多く含まれています。
これらルテインは加齢とともに減少し、体内で新たに作られることはありません。
加齢とともに増加する白内障や黄斑変性症など目の病気は、ルテインの減少と関係がある可能性もあり、ルテインは積極的に摂取したい栄養素です。
ルテインは、例えばほうれん草などに多く含まれています。
熱に強いので加熱調理しても大丈夫で、また油溶性なので油と一緒に摂取するといいでしょう。
ただし、望ましい1日の摂取量とされている6mgを全て野菜で補おうとするとかなり膨大な量を毎日食べなければなりませんし、料理の負担もかかってしまいます。
そこでルテインを効率的に摂取するにはサプリメントや健康食品を利用するのも一つの手段としてオススメします。
なお、ルテインのサプリを選ぶときは、含有量ではなく吸収量で選ぶようにしましょう。
特にルテイン単体だけでは吸収されにくいので、ブルーベリーに含まれるアントシアニンも配合されたサプリを選ぶのがポイントです。