アントシアニンのサプリで目をクリアに|ラクラクゲットする方法

女性ホルモンと似た効果

大豆製品から摂取できる

女性

エクオールは、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンが腸内で腸内細菌により代謝されできた成分です。
大豆イソフラボンには、ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインという3つの種類があります。
エクオールは、その中のダイゼインが腸内細菌のエクオール産生菌により作りだされるものです。
エクオールは、大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た構造を持つことの源だとされています。
女性ホルモンとよく似た構造であることから、女性ホルモンと同じ効果が期待できるのもエクオールの良い点です。
女性ホルモンのエストロゲンには、妊娠や出産などにかかわる効果の他に自律神経や脳の働きにも影響を及ぼします。
そのため、女性ホルモンが減少してくる更年期に体調不良を起こすことが多くなります。
いわゆる更年期障害といわれる症状です。
エクオールには、このエストロゲンと同じ効果が期待できるので、更年期障害などの改善に効果があります。
肩こりや頭痛、ほてりなど更年期障害特有の症状を感じたら、エクオールの摂取がおすすめです。
エクオールは、大豆製品を摂ることで摂取することが可能です。
健康のためにも、毎日の食事に大豆製品を意識的に取り入れるようにしましょう。
エクオールには、更年期障害を改善するだけではない様々な効果が期待できます。
骨からカルシウムが溶け出すことを抑制する作用による骨粗しょう症の予防や、肌の水分を保ちコラーゲンを生成することによるアンチエイジング効果などです。

不調の原因は女性ホルモン

栄養補助食品

エクオールは近年、人体への良い効果で注目されている成分です。
エクオールの元になるのは大豆に含まれる大豆イソフラボンで、腸内細菌がイソフラボン内の成分から合成することで生み出されます。
元来大豆イソフラボン自体が、特に女性の健康や美容にとって効果のある成分であることは知られていましたが、更なる研究の結果エクオールにこそ女性ホルモンの働きを助ける能力があることが判明しました。
そもそも女性が感じる体の様々な不調は、女性ホルモンの乱れや減少が大きな原因です。
40代以降の年代は特にその傾向が強く、肌トラブルを始め更年期障害や骨密度の低下など、年齢のせいにしがちな症状の多くに女性ホルモンが関係しています。
エクオールには女性ホルモンと似た働きがあり、女性ホルモンが足りなくなった部分を代わりに補うことが可能です。
また、反対に女性ホルモンが過剰に分泌されている場合は結合して体外への排出を促し、一定のバランスを保つ働きもあります。
このようにエクオールは女性の悩みにホルモンの面からアプローチして、症状の解消や予防に効果を発揮する成分です。
日本人は欧米人よりも比較的エクオールを体内で生み出す能力が高いのですが、日本人の中にも腸内細菌が少なく、エクオールを生み出せない人は少なからず存在します。
また、食生活の欧米化などによって大豆製品を食べる機会が減ったことで、エクオールを生み出せない若年層が増えています。
年齢を重ねた後の不調を軽減するには、若い頃から食事のバランスを整え、エクオールを生み出しやすい腸内環境を整えておくことも大切です。

みんなが効果を享受できる

ウーマン

40代50代になると体のホルモンバランスが不安定になり、更年期症状が出始めます。
顕著な疲労感や頭痛、ほてり、発汗など、更年期の不快な症状に困っている方はたくさんおられることでしょう。
しかし、更年期はサプリの利用で症状を和らげることも可能です。
特に現在はエクオールが配合されたサプリが人気となっています。
エクオールは、女性ホルモンであるエストロゲンを安定させる力を持っており、更年期症状の緩和に貢献してくれます。
元々は大豆イソフラボンを摂取した際に腸内細菌によって作られる成分なのですが、これまではその腸内細菌の有無がネックとなっていました。
大豆イソフラボンをエクオールに変換させる腸内細菌を持っている方は全体の半分に限られます。
そのため、大豆イソフラボンを摂取したとしても、腸内細菌の状態によってエクオールを享受できる方とできない方に分かれてしまいます。
これまで腸内細菌の有無が大きな壁でしたが、エクオールそのものを摂取できるサプリが登場したことで状況が変わりました。
腸内細菌によらず、誰もがエクオールを体内に摂り込むことが可能となったのです。
現在エクオールが配合されているサプリは様々販売されており、更年期に悩む多くの方が利用しています。
販売されているエクオールサプリの価格は様々ですが、2千円から6千円程で購入することができます。
それぞれ1ヶ月分の用量となっており、エクオールとともに更年期症状の改善が期待できる成分をふんだんに含むものもあります。